骨盤矯正がもたらす健康効果を紹介

骨盤は妊娠中のホルモンの影響や、出産のときに開くことから、産後は開いた状態になっています。
時間の経過とともに少しずつ元に戻ろうとはしているのですが、ゆがみがあるときはなかなか自力で戻ることができなくてそのままになることもあります。

骨盤がゆがんでいる、開いたままになっていると、良いことは1つもありません。
よくある症状では、太る、体型が崩れる、体脂肪が落ちない、冷え、疲れやすい、肩こり、腰痛、尿漏れ、不妊の原因になるなど本当に女性にとって良いことがないんです。
肩や腰骨、顔のパーツの位置が左右であからさまに違うことも良くある症状の1つです。

それにちょっとやそっとの腰痛程度なら気にしないこともありますが、深刻な状態になっていくと腰痛のほかに生理痛が重くなり子宮関連の病気を起こすこともあります。
重度の生理痛に加えてで痔になることもあり、おまけに尿漏れが気になるということになったら本当に大変です。

骨盤を矯正するなら、産後2か月ごろが理想的です。
また酵素や燃焼系のダイエットサプリを飲んで痩せやすくするなどの工夫をすると良いでしょう。
ちょっとした産後ダイエットにもなります。


【参考動画:1日3分 骨盤矯正で13日で8kg 簡単スリムボディー】

骨盤を矯正すると、先に述べたような症状が改善します。
一気にすべて改善というようなことではないものの、徐々に軽減されていきます。

骨盤の内部や周辺にはたくさんの筋肉があり、それらの動きも正常化して血行が良くなります。
同時にリンパの流れもよくなるので代謝がアップするという嬉しい効果もあります。

代謝のアップや血行促進によって、産後のダイエットはスムーズに進むようになりますし、肌や髪の毛に至るまで美しく生まれ変わります。
特に腰回りを含む下半身は目に見えてほっそりしていくことが実感できるようになります。

骨盤矯正を本格的にするなら自分で体操をする方法もありますが、1度は整体に行ってどのような状態になっているのか確かめることもおすすめです。
骨盤のゆがんでいる方向を知るだけでもかなり勉強になり、ケアの仕方も変わってきます。
その上で効果的な体操などを教えてもらうと良く、自宅でのケアもしやすくなります。

また産後6か月ごろを過ぎると骨盤は落ち着きを見せるのでそのころまでにしっかりと矯正しておくようにしましょう。
骨盤は目に見えない体の内部なので最初は不安かもしれませんが、ゆがんでいると本当に痩せません。
痩せやすい時期にしっかりケアしてナイスボディを維持しましょう。