座るときも骨盤と姿勢を意識しよう!

骨盤を整えるということは、出産の後だけの話ではありません。
もちろん、産後ダイエットの一環として骨盤を矯正することはとても大切だし、ダイエットサプリ選びも重要なものです。
もしも、骨盤を中心にダイエットを考えるなら、座る姿勢も考えていく必要があるといえます。

骨盤はよく、脚を組む人はゆがんでいるといいます。
脚の方向だけクローズアップされていますが、上半身の傾きなども実際には影響しています。
上半身の傾きは背骨との関係が深くて、本来きれいなS字カーブをえがく背骨があまりきれいとは言えないS字カーブになっていることもあります。

いろいろな考え方がありますが、美しい姿勢は座り方が大事という観点から言うと、悪い座り方は姿勢や体そのものをゆがませるといえます。
例えば女性によくある横座りや斜めに座るスタイルはそれこそ体をゆがませる原因そのものです。

そこに出産や骨盤のひらきが加わって女性の体は非常にハイリスクな状態といえます。
思い切って改善するなら、Body make seat Styleなどを使うのも1つの方法です。
独自のカイロサポートシステムによって正しい座り方をサポートするシートで、腰回りやヒップ、太ももを正しい位置に導き、キレイな座り方を提供するものです。

オフィスでも自宅でも椅子の上に置いて、その上から自分が座るだけのものなので、面倒なことは一切ありません。
こうした座り方をサポートするアイテムは骨盤矯正アイテムと一緒に使うのも良く、骨盤ベルトや骨盤ガードルなどを装着した状態でシートに座るとより一層の効果が期待できます。

こうした座り方をサポートするアイテムは、ネット上でたくさん紹介されています。
もちろん通販もできますし、カラーバリエーションや、デザインについても豊富なラインナップです。
お値段は商品によりさまざまですが、紹介したBody make seat Styleですと1万円ほどで購入できます。

実際に座ってみるとオフィスの椅子や自宅の椅子とはずいぶん違って少し窮屈に感じるかもしれません。
固定されている印象が強いといえます。

Comments

Comments are closed.